ブログというのは1記事書いたからといって、すぐに結果が出るものではありません。

それがいくら役立つ情報であってもです。

ある程度継続的に記事を書き続けてようやく見てもらえるようになるのがブログです。

 

 

ですので、ある程度の期間は定期的に書くネタを探しながら記事を書くことが必要になります。

ですが、多くの人が書くのに苦労するというのもブログの特徴の1つと言えます。

 

 

ブログが書けない、書くことが思い付かない、書いたけど公開する勇気がでない。

理由は何であれ、ブログが書けない人の多くはある一つのことで解決するかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

ブログを公開できない理由はプライドが高すぎるから

ブログが書けないというのを解決するためのシンプルな方法は、自分は『バカ』だと思うという事です(笑)

ブログが書けないと言っている人の多くは、完璧主義なのかもしれません。

失敗したくない、間違ったことを書きたくない、アホだと思われたくないというような気持ちがどこかにあるために、書けないケースがけっこうあるんですね。

 

 

ブログを書くことに限ったことではありませんが、何か新たなことをスタートする時に無傷で行く必要は無いです。

失敗することを恐れたら、その分、自分の行動範囲が狭くなり、将来の伸び代を無くすことになります。

何もかもを全て知り尽くしている人はこの世にいないわけで、誰でもどこかに不完全な部分が絶対にあります。

 

 

その部分を見られた時に『バカだと思われるんじゃないかな』と思って書く手が止まってしまうわけですから、そもそも自分はバカだと思ってとにかく発信してしまえば良いわけです。

その前にみんなそんなに他人の事を気にして見ていないので、失敗してもシレッとしておいたら全然誰にも気が付かれないですね。

 

 

ブログを書き続けるために完璧主義をやめる

先ほどもお話した通り『完璧主義をやめる』事です。

完璧主義にとらわれてしまうと、いつまで経ってもブログは更新できません。

なぜか、ブログというものを学会の論文か何かだと思っている方がいて、間違った事を絶対に書いてはいけないと思っていたりします。

 

 

もちろん、わざと間違った事を書く必要はありませんし、正しい事を書こうとする気持ちは大切です。

ですが、間違ったからと言って何も起こりませんし、その場で正しいと思った事を発信した後に間違いに気付いたら、誠意を持って修正すれば良いだけです。

※医療や健康など命に関わるテーマを扱う場合は最新の注意を払う必要はありますが。

 

 

ですので、まずは不完全なものであってもそのタイミングで出せる最高なのであれば、その内容で情報発信してしまうべきです。

最初から完璧を求めすぎると発信自体ができなくなってしまいます。

 

 

不完全でも良いからまずは発信する

そうではなくて、不完全だというのを前提として発信するというのが大切です。

そもそも完璧なものなんて世の中に存在しませんしね。

 

 

1年前に書いた記事を今見たら全然完璧じゃないと思うように、今の記事を1年後に見たら同じように思うはずです。

それは永遠に続いていく事なので、完璧を目指していると一生発信できなくなります。

 

 

ブログが書けないという方はぜひ完璧主義を捨ててみてください。

 

まとめ

ブログを書き続けることで得られる恩恵はとても大きいものです。

自分の考えを周りの人に知ってもらうことも出来ますし、自分の存在自体をブログをきっかけに知ってもらうことも出来ます。

 

 

その延長線上で、自分の商品やサービスを購入してもらうことにも繋がっていきます。

ですが、その恩恵を得るためには、ブログを書き続けることが大切です。

ブログを書くということにハードルを感じてしまい、書けない人というのは今回お話しさせていただいた通り、完璧主義に陥っている事が多いと感じています。

 

最初から完璧なものを出せる人はいないので、まずは不完全でも良いので発信することを優先していきましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事