偉大な発明家であるトーマス・エジソン。

 

 

彼は発明家や起業家としての功績はもちろんですが、多くの名言を残している事でも有名です。

 

 

エジソンと言えば電球ですよね。

この電球の発明は、今の私たちの生活に大きな影響を与えています。

今まで無かったものを生み出すときには、とても大きな労力や犠牲が付きものです。

 

 

当然、この電球の発明もすぐに完成したわけではなく、幾度となく試行錯誤を繰り返した結果、完成したものです。

その試行錯誤の回数はゆうに1万回を超えていたそうです。

 

 

普通の人なら諦めそうになるような回数の失敗を重ねたエジソンは、それについて聞かれた時にこんな言葉を残しています。

 

私は失敗なんてしていない。上手くいかない方法を1万通り見つける事に成功したのさ。

 

 

スポンサーリンク

成功・失敗というのは結果論でしかない

つまり、エジソンは普通の人が失敗だと思う事に関して、特に失敗だとは感じていなかったということです。

 

 

なぜ、エジソンが他の人と違う感じ方をしていたのかと言うと、見てる未来が違っていたからです。

多くの人は今やっている事を、そのポイントでしか見ていませんが、エジソンはもっと先を見据えていたという事。

 

 

つまり、エジソンは1つ1つの実験の単位で考えているのではなく、電球の発明が達成するまでのゴールを見ていたという事です。

言い換えると、電球の発明においての失敗は、電球が完成しない事。

そこに至るまでに起こる事はただの過程であって、そこに成功も失敗も無いというう事です。

 

 

多くの人は目先の出来事にのみ目を奪われて、超短絡的に失敗か成功かを判断してしまいます。

ですが、本当はそんなに小さな視点ではなく、もっと大きな視点から見るべきです。

 

 

結果にコミットしてやり切る覚悟を持つ事で道は拓ける

その物事が成功なのか失敗なのかを判断するのは、それが全て完了してからだとしたら、失敗というのは自分が諦めるまで確定しないという事です。

 

 

つまり、それが達成されるまでやり続ければ成功するという事。

という事は、絶対にやり切る、達成するという結果にコミットして、それを達成するまではやり切る覚悟を持ってやる事で、失敗というのは無くなる事になります。

 

 

何としても成し遂げるまでやり切れば成功するしかなくなります。

エジソンが電球を発明した時と同じように、最後まで諦めなければ失敗は失敗ではなくなり、成功するしか無くなるという事です。

 

 

他の多くの事と同じように、覚悟を持って前に進み続ければ、どんな事も達成する事ができるという事ですね。

 

 

最初から何でも上手くいく人は少ない

どんな事でも同じですが、やり始めてすぐに最初からうまく出来る人というのは一握りです。

 

 

普通の人は最初から上手くなんて出来ません。

この上手くいかないという現実が目の前に現れた時にどういう行動をするのかで大きく2パターンの人に分かれます。

 

 

1つは諦めてやめてしまう人。

ほとんどの人はこちらに該当するかもしれませんね。

 

 

もう1つは諦めずにやり遂げる人。

シンプルですが、この違いだけです。

 

 

難しい事は考える必要ありません。

やり遂げる事だけ考えれば良いわけです。

とても簡単ですね。

 

 

ただ、やり続けるという時にも色々な障壁が自分の前に立ちふさがってくるので、それに負けずに前に進む必要があります。

それが出来るかどうかは覚悟が決まっているかどうかの違いだけです。

覚悟が決まっていれば前に進めますし、覚悟が決まっていなければ怯んで後ずさりしてしまいます。

 

 

本当にやり遂げたい事であれば、どんな事でもやり切る覚悟を持って取り組むようにしましょう。

そこで起こる事は全て失敗ではなく、成功にたどり着くまでの過程だと信じて頑張りましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事