フリーランスにとって悩みの1つが社会的な信用が低いという点です。

 

 

それが露呈するのが、クレジットカードを作る時です。

会社員と違い、収入が安定していないのが普通なので、支払い能力の面で不安視をされてしまいます。

それ自体は仕方ないことですし、独立・起業して生きる身として受け入れるしかない部分です。

 

 

ただ、そうは言ってもクレジットカードが使えないというのはとても不便です。

これからフリーランスになる予定の方に関しては、会社に勤めている間にクレジットカードを作っておくのをオススメします。

 

 

ですが、もう既にフリーランスになってしまっている人は仕方ないと諦めている方も多いと思いますが、先日、こんなニュースがありました。

 

ランサーズと新生銀、フリーランス向けクレカ開発へ

(ITビジネスオンライン)

 

 

クラウドソーシングで有名なランサーズと新生銀行がタッグを組んで、フリーランスのためのクレジットカードの開発に乗り出すというニュースです。

まだ、これから内容も含めて検討していくフェーズなので、まだこれからという感じですが、2018年の秋から発行する予定のようなので、かなりスピード感を持って開発する予定のようです。

 

 

フリーランス自体の人口規模が大きくなってきており、今後もその流れは続いていくことは間違い無いと思われるため、フリーランスでもクレジットカードが作れる仕組みが出来るというのはありがたいですね。

 

 

これをきっかけにさらにフリーランスとして生きていきやすい世の中になってくれたら良いなと思う次第です。

スポンサーリンク
おすすめの記事