会社に勤める事が当たり前だと思ってませんか?

もうすぐ独立して自分で稼ぐ日が来るってリアルに感じられますか?

 

 

というのも先日、こんなニュースが出ていました。

2020年には米国の労働人口の半分がフリーランスになる見込み

(NewSphere)

 

 

今が2018年なので、もうあと2年で会社員とフリーランスが半々になるとのこと。

まぁまぁ直近の未来です。

本当に2年後にそうなるかは分かりませんが、世の中の流れ的にはなっても全然おかしくはないですよね。

 

 

スポンサーリンク

アメリカに起こった事は遅れて日本にやってくる

アメリカで起こった事は10年遅れで日本にやってくるとよく言われますよね。

アメリカで2020年だとしたら、日本では2030年。

 

 

昔はインターネットが無くて情報が流れてくるスピードが遅かったので、10年掛かりましたけど、今はリアルタイムに情報が流れてくる時代なので、多少タイムラグも小さくなるはずです。

そうは言っても、今の状況とか国民性とかアメリカとは違う部分も多くあるのでちょっと遅れてはきますけど、安倍内閣の主要施策の1つに『働き方改革』を置いてますし、少しずつ意識が変わっていくことは間違いないでしょう。

 

 

まぁ江戸時代には学校を卒業したら会社に就職するという常識なんて無かったわけで、フリーランスが当たり前の社会になるのは別に不思議な事じゃ無いですよね。

 

 

テクノロジーの進化で会社組織じゃなくても良いケースが増えた

会社っていう組織にして多くの人が集まって同じ仕事をした方が効率的に仕事が出来るからそうしてただけで、テクノロジーの進化によって1箇所で集まって仕事をしなくても良いケースが多くなりました。

ZOOMみたいなアプリを使えばかなり鮮明な映像でリモート会議も簡単にできますし、常にその場に居合わせなくても必要な時にだけ直接会えば大丈夫なこともけっこうあります。

 

 

ちょっと何かを決めるだけで1日仕事で何十個もハンコを押して回るとか異常なことをやってる会社が多いですよね。

あのワークフローのシステム何の意味があんねんっていう。

会社という組織でやってる為に非効率を生んでる事もたくさん出てきています。

 

 

環境が変わって来たら働き方が変わっていくのも当然の事で、それを敏感に察知しておかないと茹でガエルになってしまってからでは遅いので、早急に意識を変えていきましょう。

 

 

今すぐ準備はしていこう

アメリカほどでは無いにしても、日本も実際にフリーランスが増えていく流れにある事は間違いありません。

フリーで仕事がしやすい環境が整ってきたこと、初期投資も昔ほど必要なくなっていること、終身雇用が実質破綻したことが状況を後押ししています。

 

 

あなたが50代なら、なんとか逃げ切れるかもしれませんが、20〜40代なら目を逸らしてもやってくる未来です。

いきなり何の準備も無くいきなり1人で稼がないといけない状況になった時に、スムーズに対応出来る人は多くは無いでしょう。

 

 

まだ猶予がある今のうちに何かしら準備を始めておいたほうが良いので、いますぐ準備だけは始めておきましょう。

 

 

なんの準備から始めたら良い?

『準備を始めましょう』と言うと、資格の勉強を始めてしまう人が多いのですが、これはあまりオススメしません。

絶対ダメという訳では無いんですが、資格だけで勝負出来る時代じゃ無く、その人自身をお客さんはしっかり見るようになっているからです。

 

 

インターネットの普及して、それが簡単に出来るようになりましたしね。

逆に言うと、資格が無くても専門的な情報を継続的に発信出来ていれば、お客さんはあなたの事を専門家として見てくれます。

 

 

なので、僕がオススメする準備は情報発信を始める事です。

具体的に言うと、ブログとSNSに投稿する事です。

これを積み重ねておく事で、少しずつ自分の事を知ってる人が増えてきて、専門家としての認知度が高まっていきます。

 

 

また、インターネット上に自分の情報が無かったら、どれだけ優れたスキルを持っていても選んでもらえません。

そういう時代になってきているという事です。

 

 

だから、今すぐインターネットを活用して情報発信を始めましょう。

これが後々あなたを助ける事にきっとなります。

また、やりたい事を実現するための足掛かりにもなります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事