人間の欲求には5段階の階層があります。

 

 

マズローという心理学者の方が、人間には次の5段階の欲求が存在すると提唱しました。

これは『欲求階層説』や『自己実現理論』という風に呼ばれています。

 

 

(1)生理的欲求

生理的欲求というのは人間が生きていくために必要な基本的で本能的な欲求のことです。

衣食住や性欲や睡眠欲が生理的欲求に当たります。

 

 

(2)安全・安定の欲求

とりあえず今、食べるものや住むところが確保されて生理的欲求が満たされると、今度はこれを継続して確保したいという欲求が生まれます。

これが安全・安定の欲求です。

ここには健康の維持なども含まれます。

 

 

(3)社会的欲求

愛と所属の欲求とも呼ばれますが、家族や仲間を含めた集団の一員として自分の居場所を求めることです。

 

 

(4)尊厳の欲求

 

 

(5)自己実現の欲求

この説では低階層の欲求が満たされたら、一つ上の階層の欲求を欲するとされています。

生理的欲求が満たされたら次は安全・安定の欲求を求めるようになります。

 

 

つまりこれらの5つの欲求は並列に存在するのではなく、段階として存在しているということです。

ただし、下位の欲求が100%満たされないと上位の欲求が生まれないというわけではなく、ある程度満たされると一段上の欲求が生まれてきます。

 

 

例えば、お金に困っていて、満足に食べられない状態であった場合、いくら自分のお腹がすいていても自分の子供もお腹をすかせていたら、まず子供に食べさせますよね。

 

これは生理的欲求が100%満たされていなくても社会的欲求を満たそうとする行為です。

(社会的欲求というとちょっと冷たい感じがしてしまいますが・・・)

 

 

まぁこういうのは絶対的なものではなく、一つのモデルケースとして参考にするというスタンスで良い思うので、あまりこだわらずにいきましょう。

 

 

この5段階で見たときに、お金をたくさん稼ぎたいという欲求は2段階目の安全・安定の欲求という低次の欲求であることが分かります。

お金の欲求よりも上位の欲求が3つもあるということです。

 

 

また、欲求の階段を上がっていくと今よりも下段の欲求を満たすものではモチベーションは上がらなくなります。

 

例えば、ソフトバンクの孫正義氏やユニクロの柳内正氏に高額のギャラを提示して面白くもなく社会的な意義も低い仕事を依頼しても受けてもらえないでしょう。

 

 

 

彼らは既に金銭的な欲求を欲する段階はとうに超えているため、お金ではモチベーションの源となり得ないからです。

逆にノーギャラや自腹を切ってでも社会的に意義があることや自分のやりたい事などには積極的に取組んだりするわけですね。

 

 

スポンサーリンク

僕たちが進むべき順序は

マズローの提唱したこの欲求階層説のゴールは『自己実現の欲求』を満たしていくことです。

しかし、その前には4つの段階がありそれらをクリアしていかないことには自己実現を叶えることはできません。

 

 

僕たちがやるべきことは、まず今自分がどの段階にいるのかを理解し、一つ上の階層に行けるように努力することです。

 

 

マーケティング的な観点で考えると

今の日本を考えると、多くの人がある程度安定した生活を手に入れ、物も飽和状態と呼ばれるほど溢れています。

つまり満たされています。

 

満たされた人たちが求めることは『自己実現』でしたね。これを満たす商品やサービスを展開することが日本という市場で戦っていくためには必要だということです。

 

 

例えば、食事では飢えをしのぐために食べるものではなく、おしゃれで見た目でも楽しめるようなものであったり、住居もただ住めれば良いというものではなく、デザイナーズマンションなどが求められるわけですね。

 

 

そこを刺激すれば売れますが、そうでなければ売れない可能性が高いという事です。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事