探偵ナイトスクープは観た事ありますか?

私と同じぐらいの年齢で関西で生まれ育った方は子供の頃から吉本新喜劇と探偵ナイトスクープは観ていると思います。

もちろん私も例外ではなく、ちゃんとこの2つを観て育ちました(笑)

 

 

で、探偵ナイトスクープでとても印象に残っている回があります。

それは、林先生が革靴を調理して食べるという回です。

子供の頃なので、さすがに詳しい内容は忘れてしまったのですが、依頼者から革靴を食べたいという依頼があって、なんとか食べられるように、長時間煮て革を柔らかくしたり、味付けをしてみたりして食べられるようにするという内容です。

 

 

林先生というと関西では有名な料理専門学校の先生(元?)で、テレビにもよく出演されている有名な方です。

その林先生が長時間かけて調理したものを、いざ試食している時に発した一言がとても印象的でした。

その言葉というのが、『2〜3回、噛んだら飲み込め』というものです。

 

 

この一言から無理やり情報発信において重要な事を学ぶというのが今回の記事です(笑)

要するに、どんなに腕の良いシェフが調理をしたとしても、素材が悪すぎると食べれるものにはならないという事です。

 

 

ブログというのは、まずはタイトルで読むかどうかが判断されます。

そのため、しっかりと考えた上で記事のタイトルを付けるという事がとても重要です。

タイトルさえ良いものであれば、とりあえずは記事を開いてもらえますし、タイトルが興味を惹くものでなければスルーされてしまいます。

 

 

なので、タイトルは時間をかけて考えて付けるべきなのですが、素材が悪すぎるといざ口にした時にガッカリさが半端なくなります。

 

 

Web上で発信した情報というのはGoogleなどの検索を通して見てもらうというケースが多いのですが、そのGoogleの方針としても、最近は記事の質が良いかどうかで検索した人の目に触れやすくするかどうかを決めています。

Googleの検索エンジンのプログラムはちゃんと記事の中身を判断できるようになっていて、ちゃんとした記事を書かないと評価してくれないようになっています。

 

 

人もシステムも、記事という素材が悪いとタイトルで調理してもダメだという事です。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事