ビジネスをするに当たって企業も個人も、自分たちを取り巻く環境から大きな影響を受けながら展開していかなければなりません。

自社の置かれた環境に合わせて適切な戦略をとっていくことは、生きるか死ぬかを分かつ、相当重要なポイントです。

ただ、何となく過ごしていても環境の変化には気が付かないため、積極的に自分のビジネスに影響のある変化を察知する努力をする必要があります。

 

 

そのために使える手法に『PEST分析』というものがあります。

このPEST分析というのは、マーケティングの世界で知らない人はいないというぐらいの大御所である、フィリップ・コトラー氏が提唱したものです。

『〜分析』という時点で読む気が無くなる人もいるかもしれませんが(笑)、落ち着いて考えるとそんなに難しい話では無いので、安心して読み進めてください。

 

 

スポンサーリンク

PEST分析とは何か

ビジネスをするに当たって把握しておくべき環境には以下の2つあります。

  • 外部環境
  • 内部環境

 

 

この2つをしっかりと把握した上で、どうビジネスを展開していくのか戦略的に進めていくことが大切です。

一生懸命頑張ってやることも大切ですが、ビジネスの世界では結果でしか評価されないため、やみくもに動き回るよりも取り得る最短ルートを目指すべきです。

孫子の兵法の有名な言葉にこういうのがあります。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

 

 

この言葉の意味は、敵のことも味方のこともしっかりと把握していれば、何度戦っても負けることは無いという意味です。

ビジネスというのは、戦いの側面もあります。

ビジネスの中でたくさんの軍事用語が使われていることからも、ビジネスと戦争が似ているものだというのは想像が付くと思います。

 

 

今回のテーマである『PEST分析』というのは、前者の外部環境について分析するための手法になります。

要するに、先ほどの孫子の兵法の言葉で言う、『彼を知る』という部分です。

ただ、外部環境を制限せずに考えると無限に近い範囲になってしまうので、ビジネスを行っていく上で影響がある範囲に絞って把握する必要があります。

 

 

その範囲というのがPESTで始まる次の4つです。

  • Politics(政治)
  • Economy(経済)
  • Society(社会)
  • Technology(技術)

 

 

この4つの要素が多くのビジネスにおいて大きな影響を与えるものの代表で、これらを押さえておくことで、自分のビジネスにおけるリスクヘッジ要因や、チャンスを見つけ出すヒントが見つかります。

では、それぞれを簡単に見ていきたいと思います。

 

Politics(政治)

政治や法律という部分が最初の分析対象となります。

政治とか法律というと、『難しいしちょっと拒否反応が・・・』という方もいるかもしれませんが、政治の動向や新たな法律ができるとビジネスにダイレクトに影響することが多いのも事実としてあります。

TPPへ参加することや、消費税が増税されることなど企業側としてはコントロールできないものになります。

 

 

ただしかし、無視はできないので、それによる影響を最小限にするか、それを上手く利用してビジネスを加速させるような対応をすることが大切となります。

僕が10年間やっていたエンタープライズ向けのITの仕事というのは、毎年のように何かしらの法律の変更による対応が発生していました。

この変更を敏感にしっかりと察知して、そこをお客様企業にアピールしていくことが、ダイレクトに業績に跳ね返ってくるという世界でした。

つまり、法律変更によって大きなお金が動くということです。

 

 

難しそうに感じる部分ではありますが、自分のビジネスに大きな影響が出てくる可能性も高いので、意識して情報を取るようにしましょう。

 

Economy(経済)

経済的な視点での分析は、例えば日経平均株価や金利、為替相場、GDPの伸び率などを分析します。

例えば貿易関連のビジネスを行っている企業であれば、為替相場の変動がダイレクトに利益に影響しますので、必ずチェックしておく必要があります。

このように、経済的な面で分析を行っておくことは、景気の変動などに大きな影響を受けないためにも大切です。

 

 

資本主義社会という大きなルールの中でビジネスをしている以上、世の中の経済動向を無視することは出来ないので、常に最新の情報に目を光らせておくようにしましょう。

 

Society(社会)

社会の動向を知っておくこともビジネス戦略を立てる上ではとても大切な事です。

この観点で今、日本が1番大きな課題を抱えているのが、少子高齢化です。

構造的な人口問題はビジネス環境にもダイレクトに影響を及ぼします。

 

 

少子高齢化が進むと、シルバー産業に従事する企業には追い風になりますが、その他の分野にとっては国内需要減少が免れないため、大きな課題となります。

このように社会情勢もビジネスを展開するに当たって知っておかないといけない部分になるので、しっかりと押さえておきましょう。

 

Technology(技術)

最後の技術面については、イメージがつきやすいのではないかと思います。

インターネットやスマホの登場がビジネスの進め方を変えたように、新しい技術革新が起こると、ビジネス環境もガラッと変わります。

特にインターネットの普及によって、世界が変わるスピードが格段に早くなりました。

 

 

ですので、ちょっと目を離している隙にビジネスにイノベーションを起こす技術が登場することも珍しいことでは無くなりました。

そのため常に最新の情報をキャッチすることが大切です。

まとめ

ビジネスにおいて上記で挙げた4つの視点で状況を把握することはとても大切です。

とはいっても何も指標を持たずに闇雲に分析していては、いくら時間があっても足りません。

 

 

その点、今回ご紹介したPEST分析を使えば効率的に情報を整理することが出来るので、ぜひ活用してみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事