ビジネスパーソンとして時間を守ることはとても大切です。

それが出来ない人は最も大切な信用を失うことになるからです。

 

 

それはサラリーマンであっても、起業していても同じですよね。

そのため、時間管理(タイムマネージメント)は重要視されることの多いスキルの一つになっています。

 

 

時間は命の次に大切なものなので、有効に使うために作業を効率化することはとても意義のあることです。

ただ、時間を管理するだけでは不十分です。

時間はしっかり管理できているが、やるべき事ができていないのでは意味ありません。

 

 

そこで必要になってくるのが、タスク管理です。

今年やるべきことは何か、そのためには今月何をすべきか、今週は何をすべきか、今日何をすべきかをタスクとして洗い出してそれをこなしていきます。

 

 

ToDoリストにして順番にこなしていくイメージですね。

 

 

このときに重要なのが、今日やるべきことを明日にのばさず絶対に死守することです。

本当に字の通り、死んでも今日やるべきことは今日やるという気概が絶対に必要となります。

 

 

サラリーマンとして給料をもらうことが目的であれば、時間さえ消化すればお金がもらえますが、自分の力でお金を稼ぐ場合、時間と収入はイコールでは無くなります。

成果がでなければ1円たりとも手元にお金が入ってくることはありません。

 

 

やるべきことをしっかりやって、成果を出す必要があるので、そのための管理をする必要があり、それがタスク管理です。

 

 

このあたりは本当に意識の違いで、何から収入が発生しているのかによっても考え方が変わってきてしまいます。

時間給でもらっているのであれば、どうしても時間にフォーカスしてしまいますし、提供価値によって収入を得ているのであれば、どれだけの価値が提供できているのかが問題になります。

 

 

フリーランスが求められるのは、言うまでもなく価値に対しての対価です。

どれだけ時間を掛けようと、そこに価値が無ければ一銭たりとももらえませんし、逆に時間を掛けずとも価値が生まれているのであれば、お金を得ることが出来ます。

 

 

ですので、フリーランスとして活躍したいのであれば、時間管理よりも価値を生むタスクで管理するようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事