何かに取り組んでいる時に『これ何のためにやってたっけ?』って思う時ないですか?

 

 

目の前のことを一生懸命やっているのは良いのですが、もしかすると方向を見失っている可能性があります。

今自分がどこにいて、どこに行くためにこれをやっているのかを常に意識しておかないと頑張っていることが無駄になる可能性もあります。

というより、そうなってしまっている人がとても多いというのが実際のところです。

 

 

せっかく一生懸命やってることが無駄になるのはイヤですよね?

一生懸命やっているけど、上手くいかないという人はぜひ今回の話を参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

『練習すること』自体が目的になっていないか?

『練習のための練習をするな!』

これは僕が野球少年だった頃に監督やコーチの方からよく言われてた言葉です。

その当時は正直何を言っているのかよく分かってませんでした。

 

 

練習のために練習しているつもりはないし、試合で良いプレーしたいから一生懸命やってる。

さらに甲子園に行ってプロ野球選手になりたいから練習していると思ってました。

だからその当時はコーチや監督が言っていたことの本当の意味はよくわからずにやっていました。

 

 

ですが、今になるとようやく分かってきました。『練習のための練習になってたな』って。

本当に試合のための練習をしていたら、もっと上手くなっていたでしょうし、プロとまではいかなくても社会人野球で活躍するレベルまでいけたのではないかと思っています。

 

 

本当にシンプルなことですが、これが出来ている人と出来ていない人とでは結果に大きな差が生まれます。

 

 

練習する目的を明確に意識する

野球の基本はキャッチボールです。

キャッチボールという練習は、野球始めたての少年から、メジャーリーグで活躍する超一流プロ選手まで例外なく行います。

 

 

キャッチボールというのは、相手にむかってボールを投げて、相手はそれをキャッチする。

相手はキャッチしたボールを自分に向かって投げてくる。

まぁ説明するまでもなくご存知だと思いますが、とてもシンプルな練習で、 誰でも出来ます。

実際に小学1年生の子でもやってます。

 

 

でも、このキャッチボールをどうやるかによって一流になれるかどうかの差が生まれます。

A君はキャッチボールを『肩慣らし』として取り組みます。

B君は『0対0で迎えた9回裏、1点与えたら負けるという場面で、自分のところに飛んできた打球を取って、ホームへの送球でアウトにする』ことを想定してキャッチボールします。

 

 

どっちが上手くなりそうですか?と聞くまでも無くB君の方が上手くなりますよね。

 

 

ビジネスでも同じこと

ビジネスでも同じことで、練習のための練習になっていたらダメなんです。

よくあるのが、『将来、独立して仕事がしたいから資格の勉強をしています』という人。

この人は練習のための練習になっていないかをよく考える必要があります。

 

 

資格を否定しているわけではないんですが、資格の勉強をするとそういう状況に陥りやすいので、注意喚起のためにも書いています。

というのが、僕自身が完全にそうだったからです。

僕は起業して自分でビジネスをやりたいと思った時に最初に取り組んだのが、中小企業診断士の資格の勉強です。

 

 

中小企業診断士というのは国家資格で、唯一国が認めた経営コンサルタントの資格です。

1次試験は7科目もあり、ビジネスに関することを幅広く勉強する必要があるので、これを取ればかなりビジネスのスキルがアップするんじゃないかと考えて勉強をスタートさせました。

 

 

受験を決めてから最初の一次試験を受けるまでの期間が3ヶ月ちょっとでしたが、その期間は本当に睡眠時間がほとんど無いような状況で勉強をしました。

会社員として勤めながら勉強していたので、日中は本業の仕事に集中する必要があります。

 

 

ですので、それ以外の時間を勉強に費やしました。

朝7時に起きてから30分ほどで家を出る準備を済ませて、まずは家で30分ほど勉強します。

 

 

通勤が片道1時間程度だったので、行き帰りの2時間はテキストを読んで勉強し、会社の昼休みもササっとご飯を食べて30分ほど勉強です。

家に帰るのが21時とか22時で、そこからお風呂等を1時間で済ませて3時か4時まで5〜6時間勉強していたので、フルタイムで仕事をしながら毎日8〜9時間勉強していました。

 

 

その甲斐あって、一次試験7科目は3ヶ月で一発合格することが出来ました。

で、元々の目的だったビジネスに関するスキルがアップしたかというと、全くアップしませんでした。

ただ使えない知識が増えただけでした。

これが練習のための練習の典型例です。

 

 

やってみて分かりましたがアプローチが逆なんです。

とりあえずたくさんのことを覚えて、その中から使えるものがあれば良いなぁと考えていたらこうなります。

そうではなくて、実際にちょっとやってみて、これとこれの知識が必要だと分かったことを勉強する。

 

 

だから、実際にビジネスをしてみて自分が不足しているものが何なのかを知った上でそれを補うために資格を取る、というのであればオッケーです。

もしくは、自分がやりたいことをするために、その資格がないと活動ができないという場合もオッケー。

そうではなく、これを知ってたら役に立つ、この資格を持ってたら箔がつくぐらいのものだったら、それは無駄になる可能性も高いので、ちょっと考え直すことも必要かもしれません。

 

 

まとめ

自分がやっていることは何のためなのかということは、意外に見落としてしまいがちな問題です。

一生懸命やってればやってるほど、そのワナにはまってしまうというのが辛いところです。

 

 

これは何のためにやってるのか?

将来の目的に必要なものなのか?

 

 

これを時々考え直してみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事