少し前からTwitterが投稿できる文字数を現在の140文字から増やすということで、テスト運用しているというニュースが出ていました。

 

 

個人的には140文字に制限することに意義があると思っていたので、増やさなくて良いのになぁと思っていましたが、今朝こんなニュースが出ていました。

Twitter、字数上限を280文字に正式拡大 日本語は対象外

ITmedia NEWS

 

スポンサーリンク

Twitterへの日本語での投稿は今まで通り140文字

Twitterにユーザーが投稿できる文字数は増やす。

しかし、対象外の言語があるという内容です。

その対象外の言語として指定されているのが、日本語、中国語、韓国語だとのこと。

 

 

確かに、日本語と英語だと文字あたりの意味が全然違うので、同じ文字数で括ると伝えられる内容が全然変わってきます。

例えば、英語で『Coffee』と6文字で表現するものでも、日本語だったら最短で『珈琲』と2文字で伝えることもできます。

漢字がある日本語と、全てをアルファベットで表現する必要がある英語とを比較したら、文字数制限が異なっていても当たり前かなと思います。

 

 

日本語の場合140文字というのはけっこう良い文字数だと思っています。

言いたい事をそのまま書こうと思うと文字数がオーバーしてしまうケースもあり、しっかりと要約して書かないといけないからです。

これは情報を受け取る側も、端的に情報が得られるという点でメリットがあります。

また、情報を発信する側もいかに140文字以内で伝えたい事を凝縮するのか考える良いトレーニングにもなります。

 

 

ブログのように文字数の制限が無く自由に書けるメディアも良いのですが、Twitterのように端的に書くメディアも位置づけが異なるので、それぞれに価値があります。

 

日本人はTwitter好きな国民!?

ところで、Twitterは使っていますか?

いまソーシャルメディアというと、Twitter、Facebook、Instagramがトップ3ですが、それぞれどれぐらいの人が利用しているのかご存知ですか?

 

 

全世界で見たときの各メディアの月間アクティブユーザー数はこれくらいだと言われています。

  • Facebook:20億人
  • Twitter:3億2800万人
  • Instagram:8億人

 

一方で、日本に限定したときの月間アクティブユーザー数はこれぐらいです。

  • Facebook:2800万人
  • Twitter:4500万人
  • Instagram:2000万人

 

気付きましたか?

 

 

そうなんです、日本人は圧倒的にTwitterが好きな国民だと言えます。

(上記の数値はこちらから引用しました。https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

さらに、年齢層を見てみても顕著に現れているのが、Facebookに比べてTwitterの若年層の使用率が高いということです。

 

 

つまり、今後さらにTwitterのユーザー比率が高まっていくことが予想されるわけです。

ですので、『今さら』と思わずに、ぜひTwitter使い始めてみてください。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事