フリーランスという働き方というのは、会社員として働くのとは根本的に違っていて、同じ『仕事』という言葉が付いていたとしても、180度真逆と言っても良いかもしれません。

 

 

実際に、私自身も会社員として10年勤めた後に独立してフリーランスとして活動をし始めました。

その両方を経験している身としてはっきりと違うというのが分かります。

どちらが良い・悪いというものではなく、異なるものだという事です。

 

 

良いように言うと、フリーランスというのは自由で、やりたい事だけをやって生きていく事が出来ます。

嫌な人とは一緒に仕事をしないですし、やりたくない仕事は断る事もあります。

だからと言って、毎日がパラダイスかというと、そんなお花畑な状態では決してありません。

 

 

むしろ、会社員として仕事をしていた時の方が精神的にも肉体的にも楽でした。

全ての事を自分で決める必要がありますし、営業、商品作り、サービスの提供、経理まで全て自分でやらないといけません。

また、ミスをした時に守ってくれる上司や会社はなく、自分で責任を取って対処をする必要があります。

 

 

スポンサーリンク

表から見える世界と本当に存在する世界は異なる

表と裏、光と影というように表現される事もありますが、会社員の方からするとフリーランスとして仕事をしている人を見て、ちょっとした憧れじゃないですが、『良いなぁ』と思う部分が少なからずあるかもしれません。

実際に私自身もありましたしね。

 

 

ただ、これからフリーランスとして活動したいと思っている人に知っておいてもらいたのは、外から見てキラキラした部分というのは、全体のほんの一部分で、ほとんどが泥臭く地道な事の繰り返しです。

毎日がプレッシャーとの戦いで、それに押しつぶされそうになりながらも、必須にもがいて一歩ずつ前に進んでいくという感じです。

 

 

『自由に生きる!』

『自分の好きな事をして生きる!』

そう言うと聞こえは良いのですが、それを実現するためには並大抵ではないぐらい行動しないと実現できません。

 

 

売れてる芸能人の人の苦労話で影の部分を垣間見て『うわっ』と思う時あると思うんですが、本当にそんな感じです。

どんな世界でも光り輝く瞬間は一瞬で、その後ろには何十倍、何百倍の影の部分があり、それに耐えきれた人だけが生きていけるという世界です。

 

 

使命やビジョンを明確に持つ事が重要

フリーランスとして活動していくのは、キツイ事も多いです。

ただ、だからと言ってやめるかと言うと、それはしません。

 

 

それはなぜかというと、この活動を通して成し遂げたい未来というのが明確にあり、それに向かって走っているからです。

通りの良い言葉で言うと、『使命』や『ビジョン』です。

 

 

これがあるからこそ、どれだけキツくても、どれだけ疲れていても前に進んでいく事ができます。

逆にこれを持っていない状態で、今の生活を続ける事が出来るかと聞かれたら難しいと言わざるをえません。

 

 

こうやって文章にすると少し薄く感じるかもしれませんが、『想い』の部分はとても重要ですし、自分自身を奮い立たせるエネルギーになります。

 

 

ただ、多くの人は自分のこの『想い』に気付いていません。

忙しい毎日に流されて、自分の心に向き合う時間が取れずに、うやむやにしたまま毎日を過ごしている人が大半なのではないでしょうか。

実際に私自身がそうだったので、そういう人も多いのではないかと思います。

 

 

少しだけでも良いので、自分と向き合う時間を作るところから始めていきましょう。

 

 

人生は一度きり、思い切り生き尽くそう

本当に泣いても笑っても人生というのは一度きりです。

やり直しは一切できず、自分の人生を生き切るしかありません。

 

 

自分のやりたい事が会社員として働く事で実現出来るのであれば、それはそうするべきです。

もしそうでなければ、会社を独立して自分の足で立って生きていくという選択肢があっても良いのではないでしょうか?

 

 

人間、本気でやる気を出して行動すればだいたいの事は実現できます。

フリーランスとして食べていけるかどうかの心配をする必要もないぐらい仕事に取り組めば良いわけです。

それぐらいやれば、抱える悩みももっとレベルの高いものになっていきますよ。

 

 

後悔しても遅い。

今できる事を本気でやって、自分の人生、納得できる最高のものにしていきましょう!

 

 

きっとフリーランスという働き方ならそれが実現出来るはずです。

スポンサーリンク
おすすめの記事